電磁波の測定は、その種類が多種にわたるため正確に測定することが難しいです。規格が整っていないもので測定すると2倍・3倍の数値の誤差が出ますが、正確な数値を測定できる機材は、高価になってしまいます。そこで、電磁界情報センターでは日常生活の電磁波の健康影響に不安を持たれている方が、自ら身の回りの電磁波の大きさや性質を知ってもらうことを目的に、5日間の磁界測定器無料貸し出しを行っています。

ただし、この機材で測定できるのは低周波磁界で、周波数40HZ〜1KZまでの範囲に限られます。測定できるものは、高圧送電線付近、テレビや冷蔵庫等の家電製品など低周波を発している場所、測定できないのは、太陽光、自然の地磁気、エックス線、電子レンジなどの高周波を発するものです。不安のある方は、自分の目的に合っているかどうかよく確認して、こうした機材を使用して生活環境の安全性を調べるのもよいでしょう。

Comments closed