電磁波での体調不良などの健康障害のことは、電磁波過敏症と呼ばれています。

その症状は皮膚症状や倦怠感及びめまいや吐き気など様々ですが、現時点ではまだその詳細はよくわかっておらず、電磁波との因果関係も不明です。携帯電話の普及で町中にはその基地局が増え、私達の生活はますます電磁波の多い環境となっていますが、電磁波自体が目に見えないことからわかりにくく不安にかられるのは事実です。財団法人電磁界情報センターは、専門性を持った公的機関として中立性を持った第3者の立場で、電磁波に関する知識や理解を拡め、世界での電磁波過敏症に関する情報を翻訳して集積しデータベース化しています。

また、電磁波の健康障害についての講師派遣も無償で行なっています。

Comments closed