電磁波と一口で言っても実際にどういうものか分からないことがあります。電磁波は目に見ることはできませんが、我々の身のまわりには多くの電磁波が絶えず飛んでいます。家電製品や携帯電話も電磁波が出ています。

電磁波身近にあるものなのです。頭上に輝く太陽からも電磁波の一種である赤外線が放出されています。世紀凱旋は体の置く不覚まで届き、体を温めてくれます。

しかし、電磁波で健康を損なうこともあります。普段の生活で浴びる数百倍の強い電磁波を体に受けると筋肉や神経、心臓に負担がかかってしまいます。太陽光もあることは大切ですが、浴びすぎるのもよくないといわれています。日常においてそのような電磁波を浴びることはほとんど無いので、安心して生活を送ることができます。

Comments closed