貧血は、鉄分の不足によって起きてしまいます

摂取量が不足している場合はもちろんですが、吸収が妨げられてしまっているときにも、それは起こってしまいます。

普段何気なく飲んでいるものでも、実は貧血には悪い飲み物というのがあるのです。

その例としてまず挙げられるのがコーヒーです。

コーヒーはカフェインをはじめとしたさまざまな成分を含有していますが、そのうちの一つにタンニンという成分があります。

タンニンは渋みをかんじさせるものなのですが、それには鉄イオンと反応して結びつく性質を持っています。

そのため、たとえ鉄分の多い食品をたくさん取っていたとしても、うまく吸収することができなくなってしまうのです。

なので、貧血の症状が出ている人は、食後などにコーヒーを飲まないように気を付けたほうが良いでしょう。

また、緑茶などにもタンニンが含まれているので、気を付けたほうが良いでしょう。

恋緑茶が好きな方などは特に注意が必要になります。

Comments closed