黒にんにくの効能とは強い抗酸化作用ががあります

元々ニンニク自体にはにおい成分である硫化アリルには強い抗酸化作用があるのですが、その難点は臭い成分が強いことに加えて加熱しないと効果が発揮されないことだったのです。

黒にんにくは高温の蒸気で蒸すことを長時間続けることによって、硫化アリルをポリフェノールの一種であるアリルシステインという成分に変わります。

このアリルシステインにすることによって、にんにくに含まれているポリフェノールは人間に吸収しやすい形に変化し悪性の活性化酸素を除去することにつながります。

そのほかにも必須アミノ酸であるアルギニンには活力を戻す精力増強効果に加えて、ビタミンとミネラルも豊富で体質改善が促されることによって疲労回復効果を発揮します。

ただしそれだけに強い効果を発揮する黒にんにくですが、その強すぎる力があることによって食べ過ぎると神経が活発に動きすぎてしまい不眠症になるリスクがあります。

そのため1日に食べる量は1粒から2粒に押さえる必要があります。

Comments closed